入会に必要な書類と費用

入会に必要な書類

入会には、以下の書類を提出していただきます。提出先は協会事務局となります。

1.(公社)宮城県宅地建物取引業協会の関係書類

  • 入会申込書
  • 略歴書(代表者および専任の宅地建物取引士)
  • 誓約書
  • 免許申請書の写し一式(宮城県で受理した免許申請書のコピー)
  • 不動産キャリアパーソン講座申込書
    (インターネットからはダウンロード出来ませんので事務局までお問い合わせください)
  • 専任の宅建士証の写し(宅建士証をコピーしたもの)
  • 宅地建物取引業の免許通知の写し(申請中の場合は、後日提出)

2.(社)全国宅地建物取引業保証協会宮城本部の関係書類

  • 入会申込書
  • 弁済業務保証金分担金納付書
  • 連帯保証書・誓約書(法人組織の場合のみ提出)
  • 商業登記簿謄本(法人組織の場合のみ提出・3カ月以内のもの)
  • 代表取締役の印鑑登録証明書(法人組織の場合のみ提出・3カ月以内のもの)
  • 代表者個人の印鑑登録証明書(3カ月以内のもの)

上記1・2の各種申込書は、入会資料のダウンロードからダウンロードできます。

入会に必要な費用

入会の際に必要な諸経費をご案内します。
諸経費のお支払いは、入会承認後となります。入会承認後、請求書を送付いたしますので、お支払いください。
毎年4月が年度初めとなりますので、途中入会の場合、宅建協会年会費、保証協会年会費は、宅建協会入会日(供託見込み日)により月割計算となります(例:6月入会の場合、宅建協会 月額3,300円、保証協会 月額500円×10ヶ月分)。

入会諸経費一覧

(公社)宮城県宅地建物取引業協会
費用名目 会員種別 入会初年度 次年度以降
入会金 正会員・準会員共通 600,000円 -
協会年会費 正会員・準会員共通 月額3,300円 40,000円

※会員種別について
正会員…宮城県知事免許及び宮城大臣免許業者の本店は正会員となります。
準会員…正会員支店及び、県外大臣免許業者の支店は準会員となります。

知事免許 宮城大臣免許 県外大臣免許
本店 正会員 正会員 -
支店 準会員 準会員 準会員
(公社)全国宅地建物取引業保証協会宮城本部
費用名目 会員種別 入会初年度 次年度以降
年会費 主たる事務所・従たる事務所共通 月額500円 6,000円
入会金 主たる事務所 200,000円 -
従たる事務所1ヶ所につき 100,000円 -
分担金 主たる事務所 600,000円 -
従たる事務所1ヶ所につき 300,000円 -

※退会に伴う分担金返還について
保証協会の分担金は、退会した場合、返還されます。返還時期は、官報公告後7ヶ月目の予定です。
分担金より官報公告料(料金は掲載行数により異なります。主たる事務所のみ)と退会事務手数料(主たる事務所→20,000円従たる事務所→10,000円)並びに未納会費がある場合は、その分を差し引いて返還させていただきます。

その他
不動産キャリアパーソン講座費 8,000円(税別)