Top PageTop Page > 宮宅建はSDGsに取り組んでいます!

宮宅建はSDGsに取り組んでいます!

2022/10/20(Thu) 08:56

 「SDGs(持続可能な開発目標)」とは、2030年までに先進国や途上国を問わず、全ての国を対象に経済・社会・環境のバランスが取れた社会を目指すという宣言です。「SDGs」は、17の目標と169のターゲットで構成され、不動産業界においても目標に対する理解や積極的な取組みが求められています。

 

~環境にやさしいまちづくりを目指して~

【既存住宅流通・空き家対策事業の推進】

 既存住宅流通や空き家対策事業を推進し、安全・安価な住宅へのアクセスの確保を容易にすることで住宅弱者等を支援し、住宅の解体等で発生する廃棄物の削減に努めます。また、市町村と協定を締結し、空き家対策事業の推進に協力しております。

 当協会は、ハトマークグループである一般社団法人 全国賃貸不動産管理業協会宮城支部を運営しており、住む人の日常に寄り添い、さらには地域社会全体に寄り添うことで環境にやさしく、住みやすいまちづくりの構築に協力しております。

 

~安全・安心な不動産取引のために~

【消費者保護事業の充実】

 消費者を対象とした移動無料相談会を開催し、不動産取引に係る知識の普及啓発の推進、弁護士による法律相談を実施し、不動産取引に求められる安全・安心の確保に努めております。 

 また、消費者の利益の保護・増進を図るため、宅建業に携わる方等に研修会やセミナーを定期的に開催し、人材育成事業に取り組んでおります。

 

~働きがいのある、人間らしい仕事を目指して~

【充実した研修事業・セミナーの実施】

 会員を対象に、業態や現場に即した更に実践的な研修会を開催しております。また、業法の普及と消費者保護や宅建士制度に関する会員外研修として、宅建士育成のための研修会も開催しております。開業支援セミナーや新入会員研修会等を開催することで、若い世代の宅建業の就業者数の増加や宅建業が働きがいのある業務となるよう取り組んでおります。

 

~女性の参画、活躍を目指して~

【ネオリーダーの育成】

 当協会には「女性の会」があり、女性の経営者、従業者が勉強会や情報交換をするなど、相互に高めあう場となっています。

 また、女性会員の協会運営への参画を推進することで、女性がリーダーシップを発揮する機会の確保に努めております。

 宅建業の開業を検討している方向けの開業支援セミナーでは、女性経営者である会員の起業へのアドバイスや体験談を共有することで、女性活躍のイメージ定着に寄与しています。

 

~中小企業の成長の奨励のために~

【適切な雇用創出と就業支援の推進】

 株式会社 東北宅建サポートセンターや一般社団法人 全国賃貸不動産管理業協会と連携し、顧客満足度の高いビジネスモデル・既存住宅流通のためのビジネスモデルを検討・構築することで、働きがいのある、人間らしい業務の推進に努めております。

 

~公的、官民のパートナーシップの推進を目指して~

【パートナーシップの推進】

 各士業と連携して「くらしの何でも相談会」を開催し、また東北地区土地政策推進連携協議会やみやぎ住まいづくり協議会等、国・県・市の事業推進に積極的に協力するなど、関係機関との効果的なパートナーシップの推進に努めております。

 

 

PAGE TOP